上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは。

今日は今週末仕事だし月曜からはそのまま海外出張なんで
準備モロモロの為 お休みを頂きました。

少しだけプラモできる時間があったので
前回失敗した水性アクリル塗料のエアブラシ塗装を
再度 チャレンジ。

プラ版にサッとペーパー当てて
ガイアのサフェ、サフェなし、タミヤの缶サフェで下準備。
これは前回は足付けのみでサフェは吹かなかったんで
それがいけなかったのか~?という反省から・・・。

R0012633.jpg
左がガイア、右がタミヤ。
よりによって微妙な色を選んでしまいました・・・・・。
(吹いた後反省・・・・)
それとゴミだらけだし・・・・また反省・・・

水性アクリルを使おうと思ったきっかけの「fg」の記事を読んでて
水で希釈するよりタミヤアクリルなどを使った方が弾かれにくいと
書いてあった為前回はタミヤアクリルを使ったんですが
今回溶いた時良~く見るとなんか溶け具合が変・・・・。
ダマになってる訳じゃないんですが・・・・。
記事を書かれた方は「ターナー」の水性アクリルを使ってて
自分は「ホルベイン」の水性アクリルなんでその辺の違いがあるかもしれませんね。
で、今回は水で溶いて吹いてみました。
それと「グロスメディウム」という艶出し剤も前回の倍ぐらい入れてみました。
アクリルガッシュは通常完璧なつや消しなんで艶出し剤は必需。
コレは食いつきも良くなるような事も書いてありました。
R0012634.jpg
この下地がグレーなのがガイアサフェ。
塗装が落ちてる跡はタミヤの混ぜ混ぜ棒で「ガリッ」と
やった所です。まあここまで力入れれば普通のラッカーでも
落ちるかもしれないので気にしないでください。
その横の傷は爪でガリガリやった跡。
ここまで爪立てる事も普通ないと思いますんで
気にならない。というか爪では剥がれないという時点で
「使えるかも・・・」と思い始めました。
後、指を押し付けても指紋は全く付かないんで
乾燥時間も割りと速いかも。
前回の失敗は「ホルベイン」と「タミヤ溶剤」の
相性があまり良くないという問題から起きたのかもしれません。

ホルベインからも薄める溶剤(ベンチングソルベント)が出てるので
それを使えばもっと良くなるかもしれませんね。

ただ今回の希釈具合が少し薄かったのか
吹き始めに少し弾くような感じが出ました。
自分は低圧で少しづつしか吹かないんで
何度か重ねて吹いたら気にならなくはなりましたが。
もう少し塗り重ねた方が良かったかも知れませんが
前回より光が見えたので
うれしくなってアップした次第です!

でもしばらくは弄れないな~・・・。

海外出張から帰ってきてからですね・・・
あ~残念・・・・。

では また。

スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。