おはようございます。

木曜日は朝から仕事で名古屋へ。
で、せっかく行ったのだからと
「トヨタ博物館」と「カーモデルエキジビション」
に行ってきました。

トヨタ博物館は昔一度行った事がありましたが
以前の本社の近く?だったか違う場所だったし規模も違いました。
展示してある車両はホームページで見られますので
じぶんのイマイチの写真は載せませんね(笑)

さて、別館の一階でやっていましたイベント。
R0018984.jpg

R0018985.jpg
このSLは前から観るのを前提で遠近感を出すために形を弄っていました。
デッサン力が大事だな~と思いました。

R0018986.jpg
これは「80km/hで走ってるのをイメージしてw作りました」と
仰っていました。
細部や筋肉というか骨格というかとてもリアルに感じました。

今年はメーカーのオリジナル作品はこの2点だけととても寂しかったです・・・。

R0018989.jpg
1/5のLFA。
マシニング(5軸)で削っているようでした。
内装まで再現されていてとてもリアルな仕上がり。
クリアパーツも削りだしのようでホント本物のようでした。
塗装の質感は実車の様。実車の塗料を使っているのかと思ったら
シルバーの粒子が大きくて使えないので粒子の細かい塗料を探したようでした。

R0018990.jpg

R0018994.jpg

幅広のレース車両を見慣れてるせいかなんかずんぐり(失礼)に見えましたが
メーカーのデーターで削っているのでしょうからこれはこれで正解なんでしょう。

R0018997.jpg

R0018998.jpg
椅子の生地がリアルだな~と思ったり。

R0019001.jpg
ピンボケなので小さくしますが往年のレーサーを模したポケバイ達。
かっこよかった(笑)

R0019009.jpg
三次元測定機。お姉さんが居たので説明を聞きました(爆)写真はありません。

R0019010.jpg

R0019012.jpg
別室でメーカーのモデラーと学生が学生がデザインした車をクレイで作っていました。

正直今年は去年より展示品も少なくて残念でした。
もう少しプロの方が削ってる実演などが見たかったです。
(去年はマツダのモデラーさんがされてました)
仕事のついでだったからまだよかったですが自腹で1万ぐらいかけて行っていたら
かなりキツかったですね。
来年はもう少し頑張ってもらいたいと思いました。

その後は会場で合流したploverbellさんの作業場へ。

R0019014.jpg

R0019029.jpg

過去の作品を拝見させてもらいました。
Blogで観てるものの実際に観るともう口があんぐりでした。
あの細かさ、半端じゃありません。

R0019032.jpg

今作られているボルボのエンジンミッション。
これほぼプラ板で作られているんだよな~と思いつつ
「作ってみたいな~でも無理だよな~」と自問自答していました(笑)

色々苦労されてる所もお話くださって楽しかったです。


で、ウチのNASCAR。

ボディーの歪みに苦労してましたが自分なりに考えて、
R0019039.jpg

いきなりピンボケ写真を持ってきて何ですがストレート化したボディーサイドのプラ板の裏に
プラ板の積層を貼って矢印の所に穴開けます。

R0019038.jpg

ボディー側にもプラ板の積層した所があるのでそこに1.5mmの真鍮線を埋めて

R0019037.jpg


キツめにはめます。はめるとき歪んでいるので少しねじりながら
固定するんですがいい塩梅で矯正できました。

R0019035.jpg

R0019036.jpg

右リアのハウス前側だけ少し修正しようと思いますが
ハウスの隙間はわりといい感じに収まった気がします(あくまで気 笑)

シャーシのゴツい部分を骨にしてボディーの歪を矯正しました。
ただ少し4輪接地じゃなくなったのでリアのバネ部分の全長を弄って
4輪接地もバッチリになりました。

自分的には思ったよりスマートに矯正出来たんじゃないかな?
と思います。(こういうの初めてだし・・・)

R0019034.jpg


これで心おきなく進めます。

さーがんばろう。


9/7に鎌倉であるS.E.Mの展示会、行きたいのですが
まだ解りませんね・・・・。でもギリギリまで調整したいと思います。


では また。


スポンサーサイト
Secret