2011.12.17 PFALZ DXⅡVol.6
こんばんは。

ファルツの方はそんなに進んでいないのですが・・・・・・。

R0013034.jpg
もう少しでデカール貼りも終了。
ちょっとシワシワな部分もありますが
かなり硬いデカールで寝る前にソフター塗って寝てしまうんで
エア抜きとか出来ないんですよね・・・・・。
まあ今回はスルーします。

もしかしたらクリアー吹いて修正するかも・・・・・・。
(もしかしたら?)

R0013049.jpg
この間手をつけたヤツのペラも塗装。下塗りしてから

R0013053.jpg
木目仕上げ(JW仕上げ・・)

あまり木目が出てないのはコレでもいいかな~って感じです。(自分的には)

木目がはっきりの木目?はもう少し工夫が必要ですね・・・・・(でも72だし・・・)


R0013073.jpg
久しぶりに「SA]購入。
なんせWWⅠ 特集 だったから。

でもWNWばかりだな・・・・・・。
まあ最近売れてるようなんでしょうがないですね。
自分も1箱ぐらい買ってもいいかな~と
思ったんですがまだ買ってません。

R0013074.jpg
Blogにお邪魔している時間飛行士さんの記事もあるので楽しみです!

さあ 怪獣が寝てる間に読むとしますか。
コピー ~ R0012923
スポンサーサイト
2011.12.11 PFALZ.DXⅡVol.5
こんばんは。

めっきり寒くなりましたね。
先週は金曜に初雪が降りまして
スタッドレスに変えてなかったんで
ちょっとビビりましたが
すぐ止んでくれてよかったです。

新車の方もオクでホイール付きの8分山の
スタッドレス4本を10500円で落札して(超ラッキー)
今日2台変えました。
これで一安心。

さて、ファルツですが・・・・・。
R0012999.jpg
まだ翼のデカール貼ってます・・・・・。
なんせ硬いんでⅠ日1片って感じでソフターぬって貼っては放置してます。

R0013006.jpg
後はペラ塗ったり・・・・・。

で、手が空いたんでちょっと他のもパーツを組んだり・・・・・
R0012996.jpg
おお~エンジン4基もあるし・・・・・
R0012997.jpg
爆弾 こんなにあるし・・・・・・
R0013001.jpg

R0013002.jpg

R0013012.jpg
翼端もタイプが違うんでこんな改造が必要だったり・・・・

R0013003.jpg

R0013004.jpg

R0013005.jpg
翼が巨大なんで少しでも剛性を上げたいので
真鍮線を仕込んでおきました。
(下翼と胴体の部分では剛性は上げられそうになかったんで)

とまあ こんな感じです。

コピー ~ R0012774
子供も順調に育ってます。(1歳1ヶ月)
親の仕草をよく観てるんですね。
古い携帯をあげたら掛けてる気になって
「うん うん はい はい  」
とか言ってます・・・・・・。


では また。
2011.12.02 PFALZD.XIIVol.4
こんばんは。

年1回の海外出張も終えました。
帰ってきた週は休みだったんですが
風邪でダウン・・・・。
現地ではほとんど声が出ないぐらい喉をやられました・・。
今でも咳が出て苦しいです・・・・。


さて、ファルツ。
水性アクリル絵の具の実験台のようになってしまって
なかなか進みませんね・・・・・。

水性アクリル絵の具、使えるかな~とも思ったんですが
現時点ではちょっと難しいですかね・・・。
食いつきと艶を出すのにメディウムを入れると
塗膜が厚くなっちゃうんですよね・・・・。
大きいスケールだったらまだいいかもしれませんが
72だとちょっとキツそうです。
あとは「モデルマスター」の塗料も試してみたいですね。

R0012909.jpg
なんとかここまでは進んでます。
でもこのローゼンジデカール。
アルマークのなんですがほんと硬くて
いろんなソフターを試してみたんですが
なかなか馴染んでくれずに難儀してます・・・。
しかも色もちょっとね・・・
でも塗る根性は無いし・・・・。
まあその内塗装にもチャレンジしてみたいですけどね。
リブテープもローゼンジの細切り。

模型熱が下がった訳じゃなく
R0012911.jpg
こんなにや
R0012912.jpg
こんなののパーツを切り出したり
エンジンを組んでみたりはしてるんですがね(それって浮気じゃん・・・)

後は
R0012913.jpg
ウィンドソックのマスタークラスの記事(超人の色々な技法)を読んだり
してて結構頭の中はWWⅠって感じです。

R0012914.jpg
ゴータ作るときの参考になるかと別冊をたのんだらこんな状態で送られてきたんで
「オマエ、酷いじゃん コレ」とメールしたら
「すまんすまん 別の送るよ」と返事が返ってきました。(ホッ)
R0012915.jpg
中はフルカラーで参考になります。
まあ32のゴータは絶対作らないでしょうがね!

とまあこんな感じです。


年内は1回テストがありますがそんなに忙しくは無い様子。
でも年明けの手術の為 2回ほど血抜いたりしなきゃいけません。(800ccも)
年明けは3日に入院で4日には手術なんで新年そうそう・・・
って感じで忙しそうです。
会社はとりあえず1ヶ月はお休み申請したんですが
どれくらいで復帰できるんだか・・・・・・。

プラモはボチボチ進めますね。

では また。


2011.11.05 PFALZ D.XII Vol.3
こんばんは。

まずご報告。
とりあえず今回は水性アクリルは断念します・・・・。

R0012603.jpg
グレーを吹いた後にエンジンカウル周りをシルバーで塗ろうとした時
アクリルの上にラッカー?って気づき
とりあえずは塗ってみたんですが案の定キレイに塗れず
R0012607.jpg
剥がしました・・・・・・・・。

乾燥が予想以上に遅いのと塗膜が弱く
ちょっと触った所も引っかき傷に・・・(泣)
まあ予想はしていましたが、これほどとは・・・・。

という事で72の複葉機なんてデリケートなモールドのキットで
試すのは 辞めました。
ですからまた違うキットで色々やりますんでご了承ください・・・。

気を取り直しガイアのサフェ吹きからやり直し。
R0012611.jpg
ドライヤーでサッと暖めて機体色まで吹きました。

なんと速いことでしょう!やはりラッカーは偉大(笑)

今回のファルツは久しぶりの複葉機なので
サクッと完成させたいと思います。(ニューポールもね・・・)

というわけで水性アクリルに期待されてた方がいらっしゃったらごめんなさい。
(期待はしてないか 笑 )

でも多少ですが投資したんでまたその内色々勉強してから
試してみますね。


ではまた。

2011.11.04 PFALZ D.XII Vol.2
こんばんは。

昨日今日の1泊2日で腰の検査をしてきました。
今回は髄液腔に造影剤を注射してCTを撮ってきました。
やはりブロック注射やこの手の注射は痛いですね。
(まあ我慢は出来る範囲ですが・・・・)

説明を主治医に聞くために入院となったようなものですが
(手術が入っていた為。案の定0時ごろ)
MRIでは解かりづらかったんですが
CTで見ると疲労骨折(分離)している場所の
骨が変に再生しようと成長して神経が楕円に見えるぐらい
圧迫されているのが判明しました。

お医者さんは簡単に
「折れてる骨は取っちゃって椎間板も駄目だから
取った骨を削って変わりに入れて出てる骨を削って
プレートをビスで留めれば直りますよ!」
と、簡単に仰ってたんで
「は~なるほど・・・・」と言っておきました。
決して「セミスクラッチですね」
とは言いませんでした・・・・。


で、ファルツです。
R0012543.jpg
いつの間に士の字になりました。
エンジンカウル(パネル?)の部分の段差が無いんで
マスキングテープを養生して溶きパテを塗ったくり
段差を再現しようとしましたがイマイチ・・・・・。
まあそこはシルバーなんで色が変わればそれなりに見えるかもしれませんが・・・。
R0012556.jpg
でもそこでやり直す事はせず・・・・
とりあえずサフェ代わりに水性アクリルを吹いてみました。
(要は早く吹きたかった(笑))

R0012559.jpg
ツヤ出し用のグロスメディウムも届いたんで早速数滴たらして・・・
R0012569.jpg
で塗った状態。
最初はラッカーの時と同じ位の希釈度で吹いたら
少しはじく感じだったんでちょっと濃い目にやり直し。
そうしたらまあ問題無く色はのりました。
でもコレはサフェも吹いてない状態だったからで(まあペーパーは当てましたが)
サフェを吹いてやればラッカーと同じ位でも大丈夫かもしれませんね。
後は艶がまだまだフラットなんでグロスメディウムの量は増やしてやらねば
駄目ですね。
最後の半艶クリヤーとかで合わせてもいいとは思いますが
デカール貼ったりする事を考えたら艶はあった方がいいし、
でも塗膜が厚くなっても嫌だし・・・・。
まあ色々思考錯誤してみます。

タミヤやグンゼの水性使ってる人の感想も聞きたいですね。

でもホント無臭なんでそれは良かったです。
ブラシの掃除は水でサッと落ちるし!そこは明らかな利点ですね。

とこんな感じです。

では また。