上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは。

今回はこの間買った複製用品を使って複製してみました。

まず何が欲しいのか?というとやるかどうかは解りませんが
エアフィックスの古いキット(スターリング)を作る時に使う為に
最新!?のイタレリのキットからパクれそうな使えそうなパーツを
複製してみたいと思った次第です。

R0021050.jpg
この辺りのパーツがあれば少しは助かるか?
てな訳でとりあえずやってみましょう。

最初、分割型も考えたんですが
エンジンの後ろ側は見えないので単純な型でスタートしてみます。
R0021054.jpg
ブロックに枠を付けて粘土を敷いて平らにし
その上にパーツを並べました。
R0021060.jpg
シリコンはコレ。初めてなんで良く解らないので
密林の評価やサイトを徘徊して安めのにしました。
100g:4gです。今回電子秤も買いました。(最小0.5g)
R0021057.jpg
最初は少なめに入れて気泡を取るとか書いてあったので
爪楊枝などでツンツンしたりエアブラシをカラ吹きしたりしてみました。
R0021059.jpg
エア圧高すぎ?思ったより粘度が高いシリコンです。
撹拌する時あまり気にせずガンガンかき混ぜたので
エアが結構入ってしまったのか・・・・・。
R0021061.jpg
結構早く(5時間ぐらい)固まったので底ブロックを外して粘土を取り除きます。
R0021062.jpg
こんな感じ。少しシリンダーが埋まってますがここは再現できなくてもOKなんで
後でカットしちゃいました。
R0021064.jpg
計器パネルうぃ外した所。ちゃんとディテールが残ってるのでOKですかね。
R0021093.jpg
今回使ったレジンはコレ。グレーというのは好み。(ディテールが見やすいと思って)
1:1で撹拌。レジンはシリコンと違って時間との勝負なので
サクサクやらねば。
でも撹拌はしっかりやらないと(ここら辺は仕事でも接着剤や樹脂を使うので一応心得ているつもり)
R0021095.jpg
入れてすぐの状態。
R0021096.jpg
段々濁ってきました。硬化してきました。
紙コップに余ったヤツは結構早く硬化がはじまり熱くなります。
R0021099.jpg
硬化したみたいなんで脱型。
R0021103.jpg
R0021104.jpg
左はキットパーツ。右は複製品。
まあ初めてにしては上出来かな。

R0021071.jpg
調子こいて色々貼り付けて
R0021090.jpg
型製作。でもレジンパーツのエンジンはかなり複雑なんで
うまく出来るか微妙・・・・・。
R0021101.jpg
エンジンカウルは中を抜くのにドバーっとはみ出させながらの成型になります。
カウルは別の方法がいいのかもしれませんね・・・。
R0021106.jpg
シリンダーのあたりがエアだらけ・・・・。
カウルが厚みが均一じゃない・・・・・。
R0021114.jpg
こん棒排気管もエアが入ってます。

R0021118.jpg
2回目、レジン製の細かいエンジンの方はエアが結構ありますが
排気管などは良くなってきました。

といあえず最初にしてはうまくいったかな。
(まだまだですが)

スターリングは
R0021087.jpg
コクピット組めて
R0021120.jpg
やっとIの字になりました。

では また。








スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。