上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは。

先週はルマンをネットでチェックしながらの日曜日で
あまり捗りませんでした・・・・。
アンドレ号がトラブル出てしまったのは残念でしたが
アウディ強しって感じでしたね。
細かいレギュレーションの差(ディーゼルVSガソリン)は
判りませんが、来年はもっと接戦を期待したいですね。
模型も何処か出してくれればうれしいんですが・・・・・。
2万以上だせないし・・・・・。

さて、ストランレア。
機体の筋彫り、リベットは終わったんで次は翼。
R0018230.jpg
接着面は削ったんですが厚みはまだ厚い・・・・。
という事で後端に少し瞬着パテを盛って研ぎだす事に。
R0018233.jpg
こんな感じ。久しぶりに使ったら塩梅を忘れてました・・・・・。
R0018236.jpg
もう少し頑張って接着面を削ればよかったかも・・・・。
R0018235.jpg

話は変わりますが筋彫り、
ダイモテープやガネットの筋彫りテープも使いますが
曲面はハイテクテープも使います。
でも最近もう少し使い勝手がいい物を発見。
それは蛍光のカッティングシート。
蛍光のシートは結構厚いんですよ、ハイテクよりも。
でも少しは曲がるし、厚いから脱線しにくいし。
自分はカッティングシート屋さんの知り合いが居るので
タダで端材を頂きました。
それを自分で細切りして使ってます。
R0018232.jpg

後はディスプレイケースと言うほどの物ではないのですが
カラーボックスを使った収納庫を作ってます。
R0018251.jpg
アイリスオーヤマの感謝際で1500円で買った5段カラーボックス。
これの中を2,3分割。
板は一番薄い(安い)ベニヤ。
板の前面に付ける取っ手は185円/1820mmのアルミL型押出材 5本
板のレール部 60円/1000mmの樹脂性L材 4本
Lアングルはゼリー状瞬着で接着。
カラーボックス自体安かったんで「まっいっか!」って感じで
再利用も考えず着けちゃいました。
R0018254.jpg

後はベニヤ上面に紙でも貼るかして(見た目)
透明の扉(ホコリ防止)を付ければ完成の予定です。
扉も色々探してるんですがアクリルは高いので
3mmぐらいの塩ビ板か何かでしょうか。
蝶番と取っ手でも付ければ完成です。

利点は引き出してこれるのでピッチを狭く出来るんです。(収納数は以前のより段違いに増えます)
引き出せないとどうしても手のアクセス幅が要りますからね。
R0018248.jpg
自分の場合完成品をケースから出さずに前から後ろから見る事も無いので
こういう風にしました。
観えれば観えたでいいかもしれませんが透明な部材は「高い!」
R0018249.jpg
まあユルユルリベットが飽きた時、疲れた時(笑)に進めているので
もう少し掛かりそうですね。
以前根詰めてやって「テニス肘」になったんで(爆)
ストランレアのリベットもう少し掛かりそうです。
資料が資料なんで尾翼周りも何処に打たれているか
よく判らず色々写真をチェックしながら打っているので。

日曜も少し進めたいな・・・・。でも草刈りしないとな・・・・・。


では また。


スポンサーサイト
こんばんは。

梅雨といいつつ雨は降りませんが
なんかジメジメでイヤな季節ですね・・・・。
去年我が家はエアコン使わなかったんですが
今年はどうでしょう?・・・・・。


さてストランレアです。
R0018192.jpg
参考図などを参考にシャープペンで下書き。
その後 自分の場合はフリーハンドで縫い針で打っていきます。
R0018217.jpg
よく見るとヨレてる部分もありますが
「気にしな~い」(笑)
R0018218.jpg
ここでペーパーを当ててからまたリベット掃除する人もいますが
今回は(いつも?)しません。
触るとボツボツ少ししますが問題ないっしょ。

さて久しぶりに英国でお買いもの。
R0018215.jpg
これを買いたかったんですけどそれだけじゃ送ってもらえないので
R0018216.jpg
雷電は日の丸航空隊さんが、タイフーンはヒロシさんが素晴らしい完成品を作られています。
雷電は前回も書きましたがお気に入りの日本機、
タイフーンはカードアタイプを持っているんで並べたい。
という理由です。
もう一つの
R0018219.jpg
コレは前からボックスアート見て気になってはいたんですが・・・・。
今回セールで2000円を切っていたのでポチしました。
R0018220.jpg
結構手ごわそう・・・・。
R0018223.jpg
一応筋彫りは凹ですが繊細すぎて(浅すぎて)彫直しは必須ですね。
R0018224.jpg
それにしても凄い翼厚ですね~・・・。
R0018226.jpg
大きさはウォーラスと同じぐらいでしょうか。
ボックスアート見てグレー系と思ってたんですが
インスト見たらシルバーでした(笑)
これは結構大変かも・・・・・・。
昔はスウォードもこんなレベルでしたが雷電見ると
R0018229.jpg
結構進歩してるように感じます。

この辺も作れれば作りたいです。
もう作りたい物がいっぱいありすぎて
読めません・・・(って自分だろ?)

筋彫り、リベットとあまり見た感じ進んでませんが
毎朝4:30~5:00に起きて朝作ってます。
(夜は子供と早く寝ちゃうので)

今、静岡県知事選があって行ってきましたが
今終了から3分で当選(現職)が決まったそうです(爆)
3分はないだろ~・・・・。


では また。




こんばんは。

さていよいよ前回書いたストランレアにいきます。
と言っても大して進んでませんが・・・・・。
R0018176.jpg
筋彫りは一度黒瞬着で埋めました。
初めて使いました。
1度買ったんですが使おうと思った時には「硬化」してました(笑)
瞬着と言う割には遅いですね。
スプレーしましたが表面だけ固まるんで
結局1日は放置してました。
塗るのが多めにベタベタ塗ってしまったんですが
削るのが大変でした・・・。
削ってから思ったのがストランレアは割と細めなのかな~?
面出しにペーパーかけて筋彫直せばよかったかもしれません・・・。

R0018177.jpg
筋彫りの参考図はネットから探してきたモノです。
後は北の暗黒卿帝都の暗黒卿の写真や製作記を参考に。
(足元にも及ばない工作力ですが・・・・)

R0018178.jpg
筋彫りツール、最近は以前からの縫い針とクレオスのを使ってますが
せっかく埋めた黒瞬着が所々剥がれるし・・・(泣)

R0018184.jpg
彫り具合がよく判らないのでサフェ吹いてみました。
案の定瞬着削る段階での甘い部分も見つかるし・・・・(泣)

まあ後11か月はあるんで(爆)じっくりやりますわ。

後はベンジャンス。
R0018175.jpg
キャノピーの骨部分をハイテクテープを貼って
その他の部分にマスキングの切ったヤツを貼りました。
こうやって観ると結構いい加減・・・・。
R0018182.jpg
この状態で機内色を塗ってから上面色を吹いたら・・・

R0018189.jpg
「なんじゃこりゃ~?」って色になっちゃいました・・・(泣)
やり直しだ~。

後は数年前の未完。
R0018190.jpg
こんなのを完成させようと組んでたり(塗り修正中)
R0018185.jpg
こんなの仮組みしたりして。
これは日本機の中じゃ一番好きかも。
でもかなり手の入れ甲斐がありそうですね。
ここら辺は間違いなくこの方の影響でしょうね・・・・。
今まではほとんど作らなかった日本機、
ちょっとずつ作ります。零戦祭り2013もありますしね。

では また。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。